忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





2017/10/22 22:30 |
パケット通信(packet communication)
パケット通信(packet communication)

パケット通信(packet communication)とはコンピュータ通信などで、
データを小さなまとまりに分けて一つ一つ送受信する通信方式のことを
指しています。
端末から出たデータをPAD(Packet Assembly Disassembly)でパケットに変えて送り、交換設備の記憶装置に蓄積して受信側の交換設備の記憶装置に蓄積され、PADで元のデータに戻し相手先の端末に届く方式です。

分けられたデータはパケット(packet)と呼ばれ、データだけではなく、送信先のアドレスなどのさまざまな情報を持っていることになります。
また、パケットは柔軟に経路選択のども行えるため一部に問題が発生しても他の回線を使用できるのも良い点です。
データをたくさんのパケットに分けて送受信することで通信の途中の回線を問題なく効率よく利用することができます。

パケット通信が初めに採用されたのはアメリカ国防省の研究プロジェクトのARP Anetです。

ちなみに、パケットは小包という意味です。
PR




2007/03/29 15:02 | Comments(0) | TrackBack(0) | 携帯パケット

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<パケット通信でのデータとは? | 携帯デコメールHOME | ソフトバンク(SoftBank)アレンジメールの注意事項・対応機種>>
忍者ブログ[PR]